2009年06月11日

発毛におけるホルモンバランス

皮脂の取り過ぎが良くないと言うことは既に紹介していますが、頭皮を綺麗にしようとする行為はそれ自体何も悪いことはありません。
女性の場合、毎日シャンプーすることは当然のことであり髪の毛が清潔に手触り良く綺麗になることは間違いないのですから。
但し薄毛の人は市販のシャンプーで洗いすぎるのはあまり良くありません。
実は逆に脂性になる可能性があるからです。

女性は当然男性ホルモンが過剰になると言うことはありませんので、通常であれば皮脂の過剰分泌はありません。
多くあるのはホルモンのバランスを崩すことなのですが、女性の場合ホルモンバランスが崩れれば生理不順になるはずです。
バランスを崩している原因を探り、改善するのが先決となります。

皮脂の取り過ぎで弱っている頭皮を正常に整える為には頭皮料が一番良いです。
肥大化した皮脂線を刺激しない有効な手当てができます。
まず頭皮を正常な状態に戻すことが何よりも先に行わなければならない発毛の手当てです。

現在の20歳の方は、ひと昔前の40歳位の頭皮をしていると言われています。
女性が薄毛になっている状態は一見良く分かりませんが、今の若い女性は頭皮が老化していて、パーマやカラーなどで痛めている場合が多いので、薄毛人口も多い様なのです。
頭皮の老化を防止して改善しないと、いくら発毛剤を付けても効果がありません。
やはりしっかりした地盤を固めてから、発毛の手当てをする必要があるのです。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭皮の老化を防ぐ

健康な髪の毛を発毛するためには、頭皮の状態を健康に保つ必要があります。
頭皮が老化していると当然健康な髪の毛は生えてきませんし育ちません。
皮脂の取り過ぎは頭皮の老化に繋がって状況を悪化させるのです。
一般的な情報だと、皮脂が男性型脱毛症の原因の様に言われていますが、これは男性ホルモンによる皮脂の分泌量が増加したことによります。
皮脂の取り過ぎは頭皮や髪の毛そのものの老化を早めてしまいます。
又、近年増加しているアトピー性皮膚炎や鼻炎などアレルギー体質の方は、髪の毛や頭皮の洗い方を間違えてしまうと、頭皮の状態を悪化させてしまします。

頭皮が老化すると発毛をしたとしても栄養が行き渡らずに育ちません。
その状態を続けると発毛事態もしなくなってしまします。

こんなデータがある様です。
ある発毛剤の場合、発毛率が80%と言うのですが、これは実は産毛も含んだデータで、その発毛した髪の毛が太く健康に育つ割合は、その又8分の1程度しかないそうです。
いくら発毛したと言っても産毛なんて生えても手当てを行う目的からしたら何の役にもたたないですよね。
頭皮や髪の毛の毛穴が老化した状態であると、せっかく発毛しても健康な髪の毛には成長できないのです。
頭皮の老化を改善することは、発毛の手当ての大前提になることが分かって頂けると思います。

又、発毛剤そのものには頭皮の状態を改善する力はあまり無いものが多いので、日々のケアで頭皮の老化を防ぐ様にしましょう。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院に行きましょう

発毛の手当てを行う場合、独学で行うよりも病院で診断してもらった方が断然確かな方法が取れます。

髪の毛が抜ける量が多くなった、同年代と比べて髪の毛が薄い、と悩んでいる方は多いですが、すぐに「脱毛症」や「禿髪症(とくはつしょう)」と決めつけて発毛剤や育毛剤を使うのは少し早合点と思います。

思い過ごしや考え過ぎの方も多く、実際検査してみると脱毛治療が必要ない場合もあるようです。
この症状は「脱毛危惧症」と言われ、精神的なものなので、カウンセリングで不安が解消されると、脱毛の症状も改善されるのです。

薄毛になる原因はひとりひとりの体質や生活環境によって異なるものです。
体の状態がどうであるか、よく診断してもらって的確な処方をすることが大切です。

発毛剤を使用してもなかなか効果が表れないと言う方は是非専門医で診察してもらうことをお勧めします。

薄毛になる病気、症状もいろいろあります。
体内分泌ホルモンが関係し「甲状腺機能低下症」と言う症状は髪の毛だけでなく、体全体の体毛が薄くなります。
又、栄養障害では「亜鉛欠乏症」「鉄欠乏症」「タンパク質不足」、現代人に多いファーストフードやレトルト食品の偏食や過度なダイエットによる栄養不足など本当に様々です。

この様な専門的で様々な症状を自分の判断で手当てすることは、逆に症状を進行させ、悪化させてしまう結果になりがちです。
少々抵抗があるかもしれませんがまず病院に行きましょう。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくある髪のトラブル

頭髪の発毛手当てを行う上で、髪の毛のトラブルについても知っておいた方が良いでしょう。
その方がもしそう言うトラブルになった時もすぐに対処ができるはずです。

良くある髪のトラブル
■フケ
誰にでもフケはある現象です。
フケと言うものは、髪の毛と同じ様に、頭皮が一定のサイクルで再生した時に剥がれおちる古い頭皮ですが、頭皮に炎症などが発症すると剥がれおちる頭皮が大きくなります。
この状態になるとフケが大きく、気になる位目立つ様になって、毛穴を詰まらせる原因となります。
■白髪
白髪になってしまう直接の原因は、髪の毛に含まれる色素細胞機能が低下したことによります。
一般的に加齢と共に発生する老化現象のひとつですが、若い方でも白髪の多い方がいらっしゃいます。
色素細胞とは、毛母で髪の毛が発毛する際、メラニン顆粒という成分で構成されたもので、髪の毛の中に送られることで髪に色がつきます。
■頭皮の湿疹
頭皮の湿疹は、過度な洗髪や間違った手当てを行っても発症する場合があり、頭皮が赤くなってフケも多くなってしまいます。
「脂漏性湿疹」と呼ばれ、脱毛症の要因にもなりますので注意が必要です。
健康な頭皮の色は白っぽい色をしています。
頭皮が赤らんでいることは異常なのですぐに手当てをした方が良いでしょう。
髪と頭皮を清潔に保ち、皮膚科で診断してもらうことを一番にお勧めします。
頭皮は髪の毛にとって大切な地面となっている部位ですので、発毛の手当てより前に整えることが必要だからです。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発毛の情報

近年、インターネットの普及により発毛や育毛など髪の毛に関係する情報は様々なものがあります。
誰でも簡単に情報が手に入る便利な状況になりました。
発毛剤や育毛剤の商品についても紹介され、どんな症状にどのような効果があるのか一目で分かる様になっています。
しかし、頭皮や髪の状態は個人別に千差万別である為、やはり専門家や病院の診断などしてもらった方が無難でしょう。
自分で判断して発毛剤や育毛剤を使用することで、症状を進行させてしまう場合もあるのです。

■発毛剤を使用すれば髪の毛は生える?
薄毛になってしまった原因はそれぞれ様々ですので、その原因を直接対策しないとなかなか効果が無いと思います。
多くの人は複数の原因が絡み合って薄毛になっている場合が多いので、なかなか効果が表れないのも現実なのです。
しかし、自分の頭皮や髪の毛に合った発毛剤を気長に継続して正しく使用すれば、発毛の効果もあると思います。
その際、生活環境や食生活など体の内面からの対策も
して頂くと効果が出るのも早く、又、継続するでしょう。

■パーマは脱毛を促進させる?
パーマは髪の毛の細胞を一度分解して、形状を固定させて無理やり組み直す行為です。
化学薬品を使用しますので頭皮や髪の毛自体に直接大きな負担をかけますので良いものではないでしょう。
頭皮や髪の毛が傷んでいる方がパーマをかける事はお勧めできませんが、健康な頭皮、髪の毛の持ち主であれば、アフターケアをしっかり行うことで、さほど問題は無いと思います。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発毛いろいろ知識

発毛の手当てを行う上で、色々な知識を持っていることはより効果的な手当てを行えることに繋がります。
少し勉強していきましょう。

■増毛の意味
発毛や育毛の手当てを行ってもなかなか効果が表れてくれないのは事実です。
「増毛」を考える方も多いと思いますが、増毛の意味は、頭皮に残っている髪の毛の毛根に人工の毛を装着することです。
人工の毛を装着した毛根に生えている髪の毛が伸びてくると、装着部分も上に押し上げられてきますので、装着し直しが必要になります。
ですので、最初の金額以外に維持費がかかります。
良く検討してから試してみて下さい。

■長い毛は抜けやすい?
髪の毛が長いと言うだけで抜けやすいと言うことはありません。
但し、いつもきつく束ねるなどしていると毛根や頭皮にもあまり良くはありません。
ブラッシングも必要ですが、あまり過度に行いすぎると髪の毛を痛めますので注意が必要でしょう。

■海藻は髪の毛に良い?
海藻類に豊富に含まれる成分はミネラル、ビタミン、カロチンですので髪の毛には良いと言えます。
但し、髪の毛に届けられる栄養は、体の中を循環し最後に運ばれますので、バランスの良い食事を摂ることの方が髪の毛には良いのではないでしょうか?

■ストレスで円形脱毛症
近年ストレスや精神的疾患になる方が多いですが、当然体にかかる負担も大きく、髪の毛にも良くありません。
円形脱毛症とは、突然頭部に円形の脱毛が発生することですがストレスのみが原因と言う訳ではないようです。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャンプー前には

発毛手当てを行う上で、頭皮の状態を清潔に保つことは重要なポイントになります。
せっかく発毛剤を使って頭皮に発毛を促しても、頭皮自体が汚れて不潔な状態であると効果も良くありません。
シャンプーのし過ぎは良くないと言われていますが、シャンプーをしないのも当然良くありません。
頭皮の状態に合わせて適宜な洗髪を行って頭皮を清潔にしましょう。

頭皮には必要な皮脂があり、過度なシャンプーは皮脂が取れ過ぎてしまい、逆に過剰分泌の原因となりますが、脂性やフケ症の方、汗っかきの方は毎日洗髪した方が良いと思います。
ご自分に合ったシャンプー剤を選び、正しい洗い方を心掛けましょう。

髪の毛が長い方はシャンプー前に軽くブラッシングをした方が良いです。
髪の毛がもつれたままシャンプーをすると、髪の毛に無理な力がかかってしまい、傷める原因となります。
軽くブラッシングと言う所がポイントなのですが、強い力で行うと頭皮を傷めるだけなので注意して下さい。

シャンプー前にはもう一点、十分に髪の毛を濡らして下さい。
これは、シャンプー剤を適量で髪の毛全体に行き渡らせるために必要なことです。
髪の毛に行き渡らないので、シャンプー剤が足らないと大量に使用するのもあまり良くありません。
又、シャンプー剤は500円玉程度の適量を手に取り、それも少し水で薄めると良いでしょう。

シャンプー前には上記のステップを必ず行い、頭皮に良い方法を続けましょう。
発毛手当てに有効になるでしょう。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャンプーの仕方

正しい洗髪方法で髪の毛や頭皮を洗うことは、発毛手当てにおいて清潔な頭皮や髪の毛を維持するため、とても大切な行為と言えます。

自分に肌に合った、皮脂を落とし過ぎないシャンプー剤を使用し、洗う時には爪を立てずに指の腹の部分で頭皮を軽くマッサージしながら洗っていきましょう。
髪の毛そのものを洗う、と言うより頭皮に意識を集中させて、頭皮を洗う様に洗います。

頭皮の状態が良ければ、2度洗いするのも良いでしょう。
髪の毛、頭皮を良くすすいだ後に、シャンプー剤を1回目の半分位手に取り、同じ要領で洗髪します。

すすぎも大切ですが、シャンプー剤が多く頭皮に残ってしまうと毛穴が詰まる原因になります。
毛穴が詰まると頭皮のかぶれや肌荒れの原因になりますので、しつこい位にすすぐ必要があります。
良くご存知と思いますが、頭皮がかぶれると、脱毛が進行してしまいます。
リンスやトリートメントのすすぎは、シャンプーより丁寧に行って下さい。

髪の毛をずっと濡らしたままでいると、少しの摩擦でも髪の毛に負担がかかってしまいます。
すぐにタオルで拭き取って下さい。
但し、ゴシゴシ拭くと髪の毛を痛めますのでタオルを押し当て、挟んで水気を取る様にします。

タオルで拭いても髪の毛が乾かないのであれば、ドライヤーを使用します。
ドライヤーは髪の毛から15センチ以上離して、一箇所に長い時間当てない様に注意します。
乾燥させすぎも髪の毛、頭皮を痛める原因になります。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食生活と生活環境

発毛の手当てと言うのは、発毛剤を使用して頭皮や髪の毛に直接施すものばかりではありません。
薄毛になってしまう原因のひとつに生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが栄養をうまく運べなくなっている場合もあるのです。
どちらかと言うとこの生活習慣や食生活を見直す方が大変なことであり、なかなか維持できないのです。
しかし、簡単に発毛剤をふりかけるより、よほど大切なことなので、まずこの生活環境と食生活を見直ししましょう。

食事は、野菜や果物などミネラルやビタミンを多く含むものを摂る様にします。
間違ってもバランスの悪いレトルト食品やファーストフードの摂り過ぎは中止しましょう。
頭皮に行き渡る栄養は、体の中で最も遅く運ばれます。
バランスの良い食生活を送らないと髪の毛まで栄養は届きません。

頭皮、髪の毛に良い食品
レバー、人参、緑黄色野菜、卵、牛乳
玄米、豚肉、大豆、チーズ、海藻類
魚介類、牛肉赤身、プルーンなど

お酒は百薬の長と言われますが、当然飲み過ぎは良くありません。
肝臓が弱るとたんぱく質の生成が衰えます。
週に2日は休肝日を設定して、楽しむ程度として下さい。

頭皮には夜栄養が運ばれると言っても過言ではありません。昼間は体を動かしていますので、栄養がそちらに多く運ばれます。
睡眠をしっかりと十分に取ることは頭皮や髪の毛にとっても非常に重要なのです。

忙しい中、出来る事なら少し汗ばむ程度の有酸素運動を心掛けましょう。
血液の循環が良くなることで、頭皮の血流も良くなり栄養がしっかり運ばれます。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発毛における環境

薄毛や若ハゲで悩む方は年々増え続けています。
発毛剤や育毛剤、サロンや専門医などその悩みを解決するべく様々な商品や商売も発達していますが、なぜその様な状況になったのでしょうか。
一般的に父親が髪の毛が薄いから遺伝でそうなったと言う事もあるでしょう。
これも近年増加傾向にありますが、ストレスや精神疾患が原因して薄毛になってしまう方。

又、自分ではなかなか対策することは難しいですが、私たちを取り巻く環境、食品なども大きく原因しているのではないでしょうか。

ひと昔前に比べて、24時間営業のコンビニエンスやファミリーレストラン、ファーストフードなどが増えましたよね。
これも世の中のニーズがあってこそ、そう言う営業時間になったと言えますが、人類が夜型になっているのでしょう。
夜働かなければならない方も見えますが、人間として睡眠を取らなければいけない時間に起きている。
これは体にも頭皮にも髪の毛にも良くある訳がありません。

又、花粉症やアレルギー性鼻炎の方も増えました。
原因は様々でしょうが、免疫力の低下や食生活も原因しているのではないでしょうか。
バランスの悪い食事は、体そのものの機能を低下させますので、当然頭皮や髪の毛にも悪い条件であることは間違いありません。

この様に、薄毛や若ハゲで悩んでいる方が増えている様に、人間の機能自体衰えていっているのでは、と危惧してしまいます。

発毛の手当ては、まず健康な体づくりから始めたいものです。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。