2009年06月11日

ステロイド剤の副作用

健康な頭皮は、発毛の手当てをする上で維持し続けなければなりません。
喫煙や寝不足、ストレスなど体に良くないことは頭皮にも良くありませんが、皮膚炎を発症してしまった場合、抗炎症剤(ステロイド)を使用して頭皮の炎症を抑える場合があります。
きちんと医師の処方を守って使用していればほとんど問題はありませんが、ステロイドには副作用がある場合があるので紹介しておきます。
ステロイド剤は使い方を誤ると次の様な副作用があると言われています。

◇皮膚が薄く弱くなる。
◇ニキビが出来易くなる。
◇皮膚が赤らむ。
◇皮膚の感染症になりやすい。

先にも記入しましたが、使用をする場合は必ず医師の指示に従いましょう。
症状が良くなったと言って自分の判断で使用を急に止めると、リバウンドで悪化する場合もあるそうなので注意が必要です。
風邪薬などと違い、自分の意思では使用を止めるのも判断してはいけない事を覚えておきましょう。

炎症を抑える薬には非ステロイド系もある様ですが、ステロイド剤の様に強力な効果は望めないので、これも医師と相談して決めましょう。

脂漏性皮膚炎などを発症した場合、一日でも早く完治したいのですが、頭皮における炎症は脂漏部位でもあり、完治しにくく、又、再発しやすいのです。
一度症状が治まっても安心して油断せずに、日常的に自己管理する事を勧めます。
特に不規則な生活環境は、脂漏性皮膚炎を悪化させますので規則正しい生活と食生活、十分な睡眠を心掛けて下さい。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121290745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。