2009年06月11日

プロペシアの副作用

飲む発毛剤として話題のプロペシア。
販売しているのはアメリカのメルク社ですが、日本では2005年に輸入を開始しました。
プロペシアの効果としては、男性型脱毛症に限ります。
「ジヒドロテストステロン」(DHT)と言う成分が髪の毛の発毛や成長を阻害すると言われていますが、プロペシアの主成分であるフィナステリドがこのDHTの生成を抑制してくれます。

プロペシアは服用し始めるとすぐにDHTの生成を抑制してくれますが、髪の毛の成長はゆっくりとしているので、効果が目に見て分かる様になるには早くても3ヶ月、一般的には6ヶ月位かかると言われています。
又、効果が出てもそれを持続させる為には継続的にプロペシアを服用することが必要で、服用を中止するとDHTの生成が再び活発になり、増えた髪の毛はまた失われてしまうそうです。

飲む発毛剤と言う事で、私達日本人には歴史も浅く、薬害などの副作用が気になります。
報告されている副作用ですが、性欲の減退、勃起機能の低下、射精障害、精液量の減少、頻尿、排尿障害、頭痛、腹痛、下痢などが挙げられます。
当然、体の状態や個人差によって発症するのですが、副作用は服用を止めれば無くなります。

日本に輸入を開始する時に行う、承認審査時には副作用の発生率は4%であったと報告されています。
男性型脱毛症に限って効果がありますので、女性や未成年者は服用できません。
妊娠中の女性はプロペシアの砕けた破片に触っても胎児の生殖機能に影響がある場合があるので注意が必要です。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121290740

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。