2009年06月11日

発毛は生え代わり

抜け毛対策は発毛で髪の毛を増やすことにも深い関係があります。
しかし「抜け毛対策」と言うのは抜け毛の量を減らすことよりも、抜けた後にまた健康な髪の毛が生え代わることに力を注ぎます。
健康な髪の毛が生え代わるためには、栄養をしっかり吸収する健康な頭皮にする必要があります。
抜け毛を減らす手当てをしている人のほとんどは、実は抜け毛が減ったとしても髪の毛の量も減ってしまっていると言う現実があります。
やはり弱い貧弱な髪の毛を頭皮にとどまらせるより、健康な髪の毛へ生え代わるサイクル作りが大切なのです。

自然と抜け毛が増える季節があるのに、毛根の刺激、血流促進、皮脂の除去手当てなどにより、抜け毛が減った状態のままと言う状態は危険です。
本来の抜け毛は髪の毛の寿命が終わり、新しい髪の毛が生え代わる意味があります。
100本抜けてしまっても、そのあとに100本発毛してくれば良いのです。
その為に健康な頭皮を維持する、これが発毛の姿ではないでしょうか?

一日の抜け毛の平均的な本数は、男性なら10月〜4月は50本前後、4月〜10月は100本前後と寒い時期よりも暑い時期の方が髪の毛が抜けます。
犬などの動物と同じですね。
女性だと10月〜4月は40本前後、4月〜10月は80本前後です。
これ位の量の抜け毛は「普通」なのです。
抜け毛を数えることは難しいですが、間違った抜け毛手当てで、抜け毛が極端に減った状態であるなら生え代わりが出来ていないことになります。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。