2009年06月11日

発毛の為に抜け毛のチェック

抜けてしまった髪の毛を観察してみるのも発毛のために参考になります。
但し現象から判断するには少々危険なので、本当に参考程度にしておきましょう。

自然と抜け落ちる髪の毛の平均的な寿命は男性では3、4年、女性では4〜6年と言われています。
寿命で抜け落ちた髪の毛はマッチ棒の様な形をしていますが、その様な抜け毛ばかりだからと言って安心はできません。
髪の毛に十分な栄養が行き渡らない状態や、弱くなっていると寿命が短くなってしましますが、この寿命が短くなった髪の毛も同じ形状をしているのです。
ですから抜け毛のチェックだけでなく、頭皮の老化についても合わせて調べなければいけません。

寿命にならずに何らかの理由によって、途中で抜け落ちてしまうことを「広汎性脱毛」と言います。
毛根にシッポが付いたような形状をしていますが寿命を全うできずに途中で抜けてしまうのです。
原因は様々ありますが、頭皮、毛根の内部、体の内部に原因があって途中で抜けてしまった、と考えた方が良いです。
皮脂が原因の場合もあるとは思いますが、過度なシャンプーやクレンジングで逆に必要な皮脂まで除去してしまうのは大変危険です。
現代の方が薄毛人口が多いと言われていますが、ひと昔前の人は頻繁にシャンプーなど行わなかったのですから。
問題は抜け毛の中に、この「広汎性脱毛」で抜けてしまった髪の毛がどれ位占めているか?がポイントです。

抜け毛は男性では1日50本位と言われていますが度々見てみるのも発毛を行う上で参考になります。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。