2009年06月11日

短小毛は早く発毛手当てを

抜け毛をチェックすることでご自身の発毛の手当ての参考に出来ますが、抜け毛には様々な種類があります。
抜け毛を良く見てみた時に、短く弱々しい抜け毛があれば、それは「短小毛」と言う寿命を待たずに若くして死んでしまった髪の毛のことです。
健康な髪の毛であれば1ヶ月に約1cm伸びると言われています。
当然散髪やカットによって一概には分かりませんが、6cmの短小毛が抜け毛の中にあるなら、たった6ヶ月で寿命を終えたと言うことになります。
実はこの短小毛が多いほど髪の毛が減って薄毛になる確率が高いのです。

髪の毛は一度産毛状態になると、その毛が太く長く成長する毛に回復するのはかなり困難になります。
ですから産毛状態になる前に手当てを施す必要があるのです。
抜け毛の中に短小毛がどれ位含まれているか、本当にその抜け毛が短小毛なのかどうか良く観察してみましょう。

しかしそれがもし短小毛だとしても、あきらめる必要はありません。
実はもし髪の毛が回復に向かっている最中でも短小毛と同じ抜け毛が含まれるのです。
髪の毛が回復する過程には非常に長い時間がかかります。
抜け毛と発毛を何度も繰り返し行い、細く弱い毛が太く長く変化してくるのです。
寿命においても6ヶ月で抜けてしまっていたものが通常の3、4年の寿命へと長生きしてきます。

覚えておきたいのは、もし抜け毛の中で短小毛が目立つ様であれば、殆どの場合、薄毛が速い速度で進行している場合が多いです。
少しでも早く発毛の手当てを行い、対策を施す必要がありますので注意して観察しましょう。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121290731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。