2009年06月11日

皮脂の知識

発毛手当てを行う時に、頭皮の状態や皮脂に対する知識は不可欠です。

しつこい位に「皮脂の除去」について紹介されていますので「皮脂の取り過ぎは良くない」ことを認識されている方も多いと思います。
シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、必要な皮脂まで取ってしまい逆にマイナスとなってしまうのです。

過剰な皮脂は毛穴を詰まらせると言われていますが、実は3日に1回洗髪すれば、その様なことはないのです。
現代人のほとんどは3日に1回どころか、毎日シャンプーしていますね。
女性や清潔好きな人は朝晩シャンプーしている場合もあります。
ですので「皮脂が毛穴を詰まらせている」人はほとんど居ないのが現実なのです。
やはり皮脂が原因で薄毛や若ハゲになるのではなく、多くは別の原因があると言うことでしょう。

自分に合うシャンプー剤を見つけ、皮脂を取り過ぎない様にすることで、健康な頭皮を維持できるのでそちらに力を注ぐ様にしましょう。
シャンプー剤も大切ですが、シャンプーの方法も重要ですので良くすすぎ、シャンプー剤が頭皮に残らない様にします。

男性ホルモンも良く言われる薄毛の原因ですが、男性ホルモンの働きが活発になると皮脂の分泌は多くなります。
又、男性ホルモン自体は、髪の毛の組織を衰えさせるので髪の毛の寿命を短くします。
皮脂が多くなるのも髪の毛の寿命が短くなるのも男性ホルモンが原因していると考え、皮脂を取れば発毛できると考えるのは改めましょう。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121290726

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。