2009年06月11日

皮脂の役割

頭皮における皮脂について色々な情報が飛び交っています。
過剰な皮脂の取り過ぎは逆にマイナス面となって頭皮にも髪の毛にも良くないと言われています。
髪の毛の薄い部分の皮脂は結構少なく、逆に髪の毛の多い部分の方こそ皮脂の量が多く分泌されている様です。

皮脂の分泌は男性ホルモンによるものと言われていますが、実は皮脂はシャンプーや洗髪などで取り除こうとしても減るものではありません。
皮脂における人間の体の仕組みは「洗えば取れて減る」と言う単純なものではありません。
必要な皮脂まで洗い流してしまった場合、補充する機能が働くのです。
取れば取るほど補充する機能が働いて、減ってしまった皮脂量が多いほど、また増やそうとするのが人間の体の仕組みなのです。
又、継続して皮脂を取り過ぎる状態が続くことで、皮脂線は肥大し、大量に皮脂を分泌する様になります。
実際、皮脂を取ることで抜け毛は少なくなって、頭皮は綺麗になった様に見える為、一見効果が表れている様に思えますが、頭皮は必要な皮脂が奪われ、又それを補充しようと無理がかかるので確実に弱ってくるのです。
頭皮の状態が悪くなれば良い発毛状態となる訳がありません。
参考ですが男性ホルモン自体で皮脂線は肥大しません。

皮脂の役割としては、発毛や髪の毛が育つ栄養、頭皮に必要な成分が含まれています。
皮脂の分泌が少ない女性の方や、薄毛の方は、髪の毛を洗うことでよりその成分まで取り除くことになって、頭皮を痛め薄毛を逆に進行させてしまう場合があります。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。