2009年06月11日

頭皮の老化を防ぐ

健康な髪の毛を発毛するためには、頭皮の状態を健康に保つ必要があります。
頭皮が老化していると当然健康な髪の毛は生えてきませんし育ちません。
皮脂の取り過ぎは頭皮の老化に繋がって状況を悪化させるのです。
一般的な情報だと、皮脂が男性型脱毛症の原因の様に言われていますが、これは男性ホルモンによる皮脂の分泌量が増加したことによります。
皮脂の取り過ぎは頭皮や髪の毛そのものの老化を早めてしまいます。
又、近年増加しているアトピー性皮膚炎や鼻炎などアレルギー体質の方は、髪の毛や頭皮の洗い方を間違えてしまうと、頭皮の状態を悪化させてしまします。

頭皮が老化すると発毛をしたとしても栄養が行き渡らずに育ちません。
その状態を続けると発毛事態もしなくなってしまします。

こんなデータがある様です。
ある発毛剤の場合、発毛率が80%と言うのですが、これは実は産毛も含んだデータで、その発毛した髪の毛が太く健康に育つ割合は、その又8分の1程度しかないそうです。
いくら発毛したと言っても産毛なんて生えても手当てを行う目的からしたら何の役にもたたないですよね。
頭皮や髪の毛の毛穴が老化した状態であると、せっかく発毛しても健康な髪の毛には成長できないのです。
頭皮の老化を改善することは、発毛の手当ての大前提になることが分かって頂けると思います。

又、発毛剤そのものには頭皮の状態を改善する力はあまり無いものが多いので、日々のケアで頭皮の老化を防ぐ様にしましょう。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。