2009年06月11日

病院に行きましょう

発毛の手当てを行う場合、独学で行うよりも病院で診断してもらった方が断然確かな方法が取れます。

髪の毛が抜ける量が多くなった、同年代と比べて髪の毛が薄い、と悩んでいる方は多いですが、すぐに「脱毛症」や「禿髪症(とくはつしょう)」と決めつけて発毛剤や育毛剤を使うのは少し早合点と思います。

思い過ごしや考え過ぎの方も多く、実際検査してみると脱毛治療が必要ない場合もあるようです。
この症状は「脱毛危惧症」と言われ、精神的なものなので、カウンセリングで不安が解消されると、脱毛の症状も改善されるのです。

薄毛になる原因はひとりひとりの体質や生活環境によって異なるものです。
体の状態がどうであるか、よく診断してもらって的確な処方をすることが大切です。

発毛剤を使用してもなかなか効果が表れないと言う方は是非専門医で診察してもらうことをお勧めします。

薄毛になる病気、症状もいろいろあります。
体内分泌ホルモンが関係し「甲状腺機能低下症」と言う症状は髪の毛だけでなく、体全体の体毛が薄くなります。
又、栄養障害では「亜鉛欠乏症」「鉄欠乏症」「タンパク質不足」、現代人に多いファーストフードやレトルト食品の偏食や過度なダイエットによる栄養不足など本当に様々です。

この様な専門的で様々な症状を自分の判断で手当てすることは、逆に症状を進行させ、悪化させてしまう結果になりがちです。
少々抵抗があるかもしれませんがまず病院に行きましょう。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。