2009年06月11日

食生活と生活環境

発毛の手当てと言うのは、発毛剤を使用して頭皮や髪の毛に直接施すものばかりではありません。
薄毛になってしまう原因のひとつに生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが栄養をうまく運べなくなっている場合もあるのです。
どちらかと言うとこの生活習慣や食生活を見直す方が大変なことであり、なかなか維持できないのです。
しかし、簡単に発毛剤をふりかけるより、よほど大切なことなので、まずこの生活環境と食生活を見直ししましょう。

食事は、野菜や果物などミネラルやビタミンを多く含むものを摂る様にします。
間違ってもバランスの悪いレトルト食品やファーストフードの摂り過ぎは中止しましょう。
頭皮に行き渡る栄養は、体の中で最も遅く運ばれます。
バランスの良い食生活を送らないと髪の毛まで栄養は届きません。

頭皮、髪の毛に良い食品
レバー、人参、緑黄色野菜、卵、牛乳
玄米、豚肉、大豆、チーズ、海藻類
魚介類、牛肉赤身、プルーンなど

お酒は百薬の長と言われますが、当然飲み過ぎは良くありません。
肝臓が弱るとたんぱく質の生成が衰えます。
週に2日は休肝日を設定して、楽しむ程度として下さい。

頭皮には夜栄養が運ばれると言っても過言ではありません。昼間は体を動かしていますので、栄養がそちらに多く運ばれます。
睡眠をしっかりと十分に取ることは頭皮や髪の毛にとっても非常に重要なのです。

忙しい中、出来る事なら少し汗ばむ程度の有酸素運動を心掛けましょう。
血液の循環が良くなることで、頭皮の血流も良くなり栄養がしっかり運ばれます。
posted by 発毛 at 17:38 | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。